AEEN - Asahikawa English Education Networkは、北海道旭川市周辺の小学校教員が集う英語教育研究ネットワークです。

What's New

2012年12月28日
トップページに、開催が近づいて来たワークショップの日程を掲載しました。
2012年9月30日
トップページに、開催が近づいて来たワークショップの日程を掲載しました。
2012年5月14日
各ページの内容を平成24年度版に更新しました。今年度のワークショップ情報を「活動計画」に掲載し、「AEENについて」のAEENの組織情報を最新版に更新しました。トップページには、AEENニュースの最新版や直近のワークショップの案内を掲載しました。
2011年12月31日
トップページに、開催が近づいて来たワークショップの日程を掲載しました。
2011年10月10日
トップページのAEENニュースを更新しました。また、開催が近づいて来たワークショップの日程を掲載しました。
2011年7月13日
平成23年度ELTA研究大会の案内を掲載しました。
2011年5月8日
各ページの内容を平成23年度版に更新しました。今年度のワークショップ情報を「活動計画」に掲載し、「AEENについて」のAEENの組織、および元代表プロフィールの情報を最新版に更新しました。トップページには、AEENニュースの最新版や直近のワークショップの案内を掲載しました。
2011年1月4日
第4回全道研の資料を第4回Let's Enjoy Englishのページを作成し、アップしました。また、「ネットワーク化」に「日本英語検定協会」のページを追加しました。さらに、「B-SLIMに関する資料」の【発展的な資料】を更新し、トップページの「AEENニュース」「Future Meetings?」に最新情報を追加しました。
2010年7月7日
近日開催されるワークショップの情報を更新しました。第3回の会場が北鎮小に、第5回が東栄小に変更になりました。
2010年5月9日
各ページの内容を平成22年度版に更新しました。「活動報告」>「平成21年度活動報告」を追加し、今年度のワークショップ情報を「活動計画」に掲載しました。また、「AEENについて」のAEENの組織、および新/旧代表のプロフィールの情報を最新版に更新しました。トップページには、AEENニュースの最新版や直近のワークショップの案内を掲載しました。
2009年12月28日
第3回全道研の資料を第3回Let's Enjoy Englishのページを作成し、アップしました。また、「ネットワーク化」に加藤・山崎教育基金」のページを追加し、教材『Joy! Joy! English』を公開しました。さらに、「B-SLIMに関する資料」の【発展的な資料】を更新し、トップページの「AEENニュース」「Future Meetings?」に最新情報を追加しました。
2009年7月7日
トップページの「AEENニュース」に最新情報を掲載し、また「Future Meetings?」の内容を更新しました。
2009年6月11日
活動報告」に平成20年度の活動報告をアップしました。
2009年5月6日
各ページの内容を平成21年度版に更新しました。「活動計画」、「AEENについて」のAEENの組織、前代表のプロフィール、「ネットワーク化」「上川教育研修センター」あたりの情報を最新版に更新しました。トップページには、AEENニュースの最新版や直近のワークショップの案内を掲載しました。
2008年10月13日
「ネットワーク化」の「SASTEC」「松下教育財団」に資料を追加しました。また、「AEENについて」の代表・前代表のプロフィールを最新版に更新しました。更に、トップページに第4回・第5回のワークショップ及び授業研究会の参加案内、AEENニュースの最新版、AEEN外部講師人材バンクのご案内をアップしました。
2008年5月10日
活動計画」、「AEENとは? > AEENの組織」、「ネットワーク化 > 上川教育研修センター」を中心に、ホームページの内容を2008年度版に更新しました。また、トップページに第1回・第2回・第3回のワークショップ参加案内をアップしました。
2007年12月27日
トップページに第6回・第7回のワークショップ参加案内を、「活動報告」>「平成19年度活動報告」を更新し、今年度のワークショップ資料を「第2回Let's Enjoy English」と「ワークショップ資料」に分けてアップしました。また、「ネットワーク化」内の「北海道立教育研究所」「上川教育研修センター」「SASTEC」「松下教育財団」の資料をそれぞれアップしました。
2007年9月1日
トップページに次回以降の活動予定を、また「活動報告」>「平成19年度活動報告」のページを作成し、第1回ワークショップで使用した資料及びワークショップの様子を収録したムービーをアップロードしました。

ホーム トップページ

AEENニュース

・今年度(平成24年度)でAEENは、設立10周年を迎えます。10年の節目に当たり、新たな企画にチャレンジしていきたいと考えています。具体的な内容が決まり次第、ホームページよりお知らせしていきたいと思います。

・愛媛大学の中山 晃先生との共同研究も3年目に入ります。特別支援教育と外国語活動(英語活動)というまだまだ未開拓の領域ですが、着実に研究成果があがっています。本年度JES研究大会で、AEEN会員2名が、実践発表をする予定です。

・また、今年度も7回のワークショップを予定しています。とても気楽に外国語活動の指導方法やアクティビティを学ぶことのできる場です。会員でなくても参加は可能ですから、多くの方々に参加をいただきたいと思います。なお、ワークショップで、実践発表やアクティビティの紹介をしたいと考えている方は、事務局までご一報ください。大歓迎します!

・「第5回 Let’s Enjoy English」が11月26日(土)9:00~17:00の日程で、旭川市立近文小学校で開催予定です。今年もオリジナリティあふれる30本以上のアクティビティの紹介の他、『ビデオによる授業研究会』、『小中連携の実践報告』など例年以上に充実した内容になっています。
さらに、北海道情報大学教授の竹内典彦氏を講師にお迎えし、コミュニケーションについてご講演をいただきます。
ただ、昨年も参加者が定員(100名)を超えてしまい、参加をお断りするという状況になってしまいました。開催要項が完成しましたので、必要な方は北光小・小山までご請求下さい。また、早めのお申し込みをお願いいたします。

・上記、10月29日『第1回Let’s Enjoy 外国語活動』の午後に、日本英語検定協会主催の英語研修会を開催します。講演には、梅本 龍多先生(関西大学)をお迎えします。一昨年、AEENでお迎えした直山 木綿子先生と並び、小学校外国語活動では、全国を飛び回られている第一人者です。北海道では、講演を拝聴する機会がなかなかありませんでしたが、この機会に是非、ご参加下さい。
また、旭川を代表するActivity-Makerである宮原孝浩教諭(旭川・春光小)によるワークショップや「北海道小学校外国語活動事情」と題して、各管内の状況をシンポジウム形式で掘り下げます。開催要項は、上川管内各小学校に配布されますが、必要な方は、北光小・小山までご請求下さい。

・5月14日、50名以上の参加者があった「第1回Let’s Enjoy 外国語活動」。会場が熱気で溢れていました。今年度中にもう一回開催してほしいと言うリクエストに応え、10月29日(土)9:00~12:00の予定で『第2回目Let’s Enjoy 外国語活動』を開催いたします。今回は、教材開発をメインにしたアクティビティの紹介や、ALT等とのティームティーチングの進め方や簡単なクラスルームイングリッシュの使い方など、初歩の外国語活動研修会です。開催要項は、上川管内各小学校に配布しますが、必要な方は、北光小・小山までご請求下さい。

・昨年に引き続き、愛媛大学・中山晃先生とAEENとのコラボ研究を3年計画で継続することになりました。文部科学省より『科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)』を頂戴し、研究を進めます。成果をお楽しみに・・・。

・5月14日、旭川市立北光小学校において、外国語活動を初歩から学ぶことを目的とした「Let's Enjoy 外国語活動!」をAEEN主催で開催致します。この研修会は、これまでなかなか外国語活動に触れることの少なかった先生方や指導をどのように進めたらよいのか不安に思っている先生方を対象にしています。①外国語活動の進め方 ②具体的なアクティビティの紹介 ③Warm-upのアイデア ④外国語活動で有効なICT機材や教具の紹介をメインに構成しています。もちろん、質疑や交流の時間もたっぷりととってあります。たくさんの先生方にご参加頂きたいと思います。

・AEEN統括コーディネータの旭川市立北光小学校・小山俊英教諭が、第23回日本英語検定協会研究助成(実践部門)を受賞しました。今回の助成は、小学校では全国から2名のみの受賞であり、小山教諭にとっては、第16回に引き続き2回目という快挙です。研究テーマは、「豊かなコミュニケーション活動を実現するOutputの創造」です。来年度完成する研究集録が待ち遠しく感じられます。
また、AEEN会員である紋別市渚滑小学校・川﨑理恵教諭が、第27回東京海上日動教育振興基金の教育研究助成(個人の部)を受賞されました。この賞は、全国で小・中・高校教諭あわせて20名のみの受賞という狭き門で、北海道からは、昨年、一昨年と1名ずつの受賞でした。
今回の論文のテーマは、「小規模校における外国語活動の効果的な指導の在り方」です。
両教諭の快挙を喜びますと同時にAEENの質の高い取組が結実した成果であると思われます。おめでとうございます。

・10月30日 第4回Let’s Enjoy Englishが盛会のうちに終了しました。100名以上の参加者で会場は、熱気に溢れていました。なかでも、北海道教育庁上川教育局主導主事の板谷文美子氏の評価に関する講演と北海道教育大学旭川校石塚博規教授らを交えてのパネルディスカッションは、参加された方々から、「実践的で、学校に帰ってすぐ生かすことができる。」との声が多く聞かれました。今回協賛いただいた各社の皆様方に感謝申し上げます。

・10月19日、札幌市で「北海道英語教育フォーラム」が開催されました。AEEN統括コーディネータの小山俊英先生(旭川北光小学校教諭)が「B-SLIMと小学校外国語活動~この10年のあゆみ・・・深化と広がり~」という演題で講演(実践発表)を行いました。参加者が200名を超え、盛会のうちに終了しました。(発表資料は、「B-SLIMの実践」のコーナーにアップしてあります)

・平成22年7月17~18日に札幌市で開催されるJES全国研究大会に、AEENから4名のスペシャルユニットが参加し、ワークショップを行います。丸山健二前代表・笠原裕子相談役・宮原孝浩教諭・小谷麻実教諭がとっておきの「技」を披露します。ご期待ください。また、最後を締めくくる「シンポジウム」に、小山俊英統括コーディネーターが、兼重 昇先生(鳴門教育大学)・北岡 順子先生(岐阜県教育委員会)と共にパネラーとして意見交流を行います。筑波大学の卯城教授がコーディネーターを務めます。こちらもご期待ください。

・活動計画にもありますが、平成22年10月30日(土)に旭川市立北光小学校を会場に「第4回 Let's Enjoy English」を開催予定です。昨年は、多くの参加者があり、盛会のうちに終えることができました。7月末には、開催要項を送付することができると思います。新しい企画や充実したワークショップを提供したいと思います。どうぞご参加ください。(開催要項の請求は、北光小学校・小山までお願いします。また、昨年同様、前日の29日(金曜日)北光小学校の実践研究発表会が午後日程で開催予定です。外国語活動の授業公開です。こちらもご参加をお待ちしています。)

・愛媛大学・中山晃先生の平成22年度パナソニック財団・先導的実践研究助成が決定しました。この研究は、AEENとコラボレーション研究で、特別支援教育と外国語活動を結びつけたものです。AEENでは、6人がこの研究に参画し、実践部分を担うことになっています。研究の成果については、AEENワークショップでも公表していきたいと思います。ご期待ください。

・2009年11月7日、文部科学省教科調査官である直山木綿子氏をお迎えし、第3回Let’s Enjoy Englishが盛会のうちに幕を閉じました。北海道各地より130名を超える参加者があり、会場は熱気にみちていました。20本を超えるアクティビティーの提案では、3つに分けた分科会会場がどこも30~40人の「満員御礼」。今回の大きなテーマである「英語ノートの活用」に関しては、参加者の方々が口を揃えて「大満足!」という感想をいただいています。その他にも、「特別支援学級における外国語活動の実践」や中学校の先生を講師にお招きし、「小中連携の在り方」について講演をしていただきました。
一日日程の最後を直山先生の講演で締め括っていただきました。軽妙な話術と最新の情報・・・そして外国語活動に向かう指導者の在り方など、あっという間の一時間でした。講演の内容はもとより、直山先生の素敵なお人柄にふれることもでき、二重の感激でした。
この研修会を側面から支えていただいた東京書籍・教育出版・開隆堂・三省堂・学研・光村書店・文溪堂・ピアソンエデュケーション・内田洋行(各社様とも敬称は略させていただきました)の皆様に感謝申し上げます。

・読売新聞で連載を続けている「教育ルネッサンス」にAEENワークショップの模様が掲載されました。(2009年10月21日付)読売新聞の記者である塩見尚之氏が旭川まで足を運び、取材をしてくださいました。精力的に活動しているワークショップの様子が、誌面を飾っていました。この記事を目にした英語教育に関心のある方々や、私たちと同じように勉強会をしているグループの方々からも、ご連絡や励ましをいただきました。読売新聞のHPからも記事をご覧いただく事が出来るそうです。

・第1回ワークショップに参加していただいたピアソンエジュケーション主催の「ワークショップツアー旭川会場」の詳細が決定しました。2009年8月5日にリサーチセンターを会場に行われます。AEENより事務局長の清水忠明(近文小教諭)と小谷麻実(北光小教諭)の両名が講師として実践的な活動の進め方を提供します。 詳細につきましては http://www.eltkids.jp/info_j/1393.html を参照願います。 

・2009年2月28日に、AEEN主催の『第1回旭川市外国語活動交流会』が開催され、中学の英語の先生方を交えて、「小中連携の在り方」と「年間指導計画の交流」について議論を深めました。今回、画期的であったのは、中学校とその校区内の小学校とが小グループを作り、どのように連携を深めていくかを話し合うことができたことです。40名の参加者にとっては充実した時間でした。

・今年度11月7日に、第3回「Let’s Enjoy English」を開催する予定です。旭川市立北光小学校を会場に、講演や充実したワークショップを提供したいと考えています。また、新たな企画も構想中です。過去2回は、いずれも100名近くの参加者がありました。外国語活動が本格化する中、「英語ノート」の実践、複式学級における外国語活動、特別支援学級における外国語活動、小中連携の取組、外部人材を活用して創り上げる外国語活動など、実践や新たな提案を軸とした研修会にしていきたいと思います。

・昨年度、「加藤・山崎教育基金」から賜った研究助成金をもとに、現在、AEENホームページからダウンロードできる「地域教材:Joy! Joy! English!」の作成を精力的に行っているところです。平成21年10月には、アップできる予定です。ダウンロードした教材を簡単に入れ替えることで、身近な地域教材ができます。「英語ノート」と併用することで外国語活動の活性化に繋がります。どうぞお楽しみに!

お知らせ 旭川市内・近郊の小学校で、外国語活動に関する外部講師や授業づくりのアドバイザーを探している方は、AEEN事務局までご連絡下さい。「AEEN外部講師人材バンク」には、現在10名ほどが登録いただいています。J-SHINEの方や通訳や翻訳業の方、民間の英語教室主催者など多彩な人材です!

・AEEN及び小山統括コーディネーターが申請していました「マネーサイクルを外国語活動を通して体験する」という研究内容に対して、シティサクセス・ファンドより2008年度(第4回)教育実践助成を受賞しました。過日東京で開催されました贈呈式に出席し、その際、AEENのこれまでの活動に対しても高い評価を頂戴しました。

・2008年度、加藤・山崎教育基金より、第2回教育振興助成として助成金を頂戴することが決定しました。11月24日に表彰式・贈呈式があり、小山統括コーディネーターが出席します。

AEENホームページにようこそ!

Asahikawa English Education Network (通称AEEN【アイーン】)は、北海道旭川市を中心に、道内各地から集まる小学校教員によって設立された英語教育研究ネットワークです。私達AEENは、小学校英語教育発展のためより多くの地域の教育現場、団体の方々と交流したいと考えています。そのためにこのホームページを立ち上げました。私達の活動内容を出来る限りアップしていく予定です。どうぞご覧ください。また、AEENの活動に興味を持たれましたらお問い合わせページより気軽にご連絡ください。

旭川市について

旭川市は人口36万人を有する北海道第二の都市です。北海道の中央付近に位置し、東西流通の中心地として大きな役割を果たしています。最近は、夏季来園者日本一で全国的に有名になった旭山動物園効果で街は活気に溢れています。冬は-41℃の日本最低気温を記録するなど寒い気候でも知られ、ギネスブックに載るほどの大きな大雪像が目玉の旭川冬まつりも開催されます。旭川市は、アメリカ・イリノイ州のブルーミントン/ノーマル市、韓国・水原市、ロシア・ユジノサハリンスク市、中国・ハルピン市と姉妹都市提携あるいは友好都市提携を結ぶなど国際交流活動にも積極的です。

冬の旭山動物園 写真:冬の旭山動物園

・文字サイズ

  • 小さい文字
  • 中くらいの文字
  • 大きい文字

Future Meetings?

第6回ワークショップ
2013年1月19日(土)
時間:9:00~11:55
場所:旭川市立東町小学校(北海道旭川市豊岡3条1丁目2)
第7回ワークショップ
2013年2月23日(土)
時間:13:00~16:00
場所:旭川市立高台小学校(旭川市春光台4条4丁目)
多数ご参加下さい!(会員以外の参加も連絡は北光小小山まで)
TEL:0166-51-7712
Eメール

カウンター Copyright 2005-2010, AEEN - Asahikawa English Education Network. All rights reserved.